「放課後7不思議」 説明書公開

【説明書】

放課後7不思議、説明書公開のお知らせです。

放課後7不思議 説明書
※クリックするとPDF(6.08 MB)が開きます。







【ゲームの流れ】

手っ取り早く概要を知りたい方に、説明書より抜粋した【ゲームの流れ】をご紹介します。

① 【仲間カード】にコマを置いてスタート
※【カード】についての説明はこちら

② 上側の廊下を通って【噂カード】

③ 【噂カード】で心霊スポットを探索

④ 下側の廊下を通って【7不思議カード】

⑤ 【7不思議カード】で怪異と対決

⑥ 対決に勝ち7不思議を解決したら
次に合流したいキャラクターの【仲間カード】を目指して戻ります

⑦ 【仲間カード】で新たな仲間と合流
必要ならキャラクターを交代して再び探索を始めます

⑧ これらの流れを繰り返し
全ての7不思議を解決した時点で
助け出した仲間の多い人が勝ちです


【プレイ見本画像】

※画像をクリックすると拡大します。







「放課後7不思議」について

【パッケージ】









生徒たちの間でまことしやかに語られる
「7不思議の噂」がテーマの、恐怖体験すごろくカードゲームです。

【あらすじ】
学期末、日頃の行いが悪かったのか、
「割り振られた全員が神隠しにあう。」
「7不思議の怪異につれていかれる。」等々
いわくつきの掃除当番に、あなたは選ばれてしまいました。
・・・やってられるか!
居残り掃除の途中でこっそり抜け出したら、時すでに遅し、
放課後の校舎に閉じ込められていたのでした。


くせ者ぞろい【仲間カード】
同じように神隠しにあった仲間と合流し、
各々が知っている噂をもとに
校内の心霊スポットを探索、
7不思議を1つずつ解決していきます。



すべての始まり【噂カード】
無限に続く廊下で
不気味にこだまする何者かの靴音、
【移動スキル】を駆使して
ピンチを切り抜けましょう。



怪異あらわる【7不思議カード】
探索の最後は7不思議の怪異と対決、
負けると手痛いペナルティーが。
有効な【対決スキル】を持つ仲間と
バトンタッチして挑戦しましょう。



7つある噂を全て解決した時点で、
助け出した仲間の多い人が勝ちです。

夕闇に沈みゆく恐怖の学校を
あなたは無事に下校できるでしょうか?


【基本情報】
人数:2~3人用,時間:15~30分程度,対象年齢:10才~,
イベント価格:2000円,発売:2015 春

【内容物】
カード :22枚(仲間カード × 7,噂カード × 7,
7不思議カード × 7,校長室カード × 1),
コマ厚紙: 8個,コマ台座 :10個(余り2個はマーカーとして使用),
サイコロ :1個,説明書 :1枚,校内見取り図: 1枚

【より詳しい内容】
→「放課後7不思議」説明書&ゲームの流れ
→「放課後7不思議」内容物の紹介
→「放課後7不思議」取り扱い店

ほかに質問等ございましたら100monogatari.net@gmail.comまで、よろしくお願いします。